フリーランスエンジニアは、自分の裁量において仕事を請け負えるのがメリットです。他にも、会社などの組織に属していることで発生する関連性の少ない業務に携わらずに済むなど、さまざまなメリットがあります。しかし、もちろんメリットばかりではなく、デメリットも付きまとうものです。そこで、フリーランスエンジニアになる前に、知っておいた方がいいことがいくつかあります。
フリーランスになると、仕事そのものを自分自身で探し出さなければなりません。それまで培ってきた人脈などを駆使しなければ、安定した収入は見込めないでしょう。仕事内容も、専門性が高いスペシャリストであれば必ずしもいいとは限らず、幅広くさまざまなスキルや経験を積んだ人材であることが求められる傾向にあるようです。通常の会社に属しているエンジニアよりも、業界の動向に敏感でより新しい技術を貪欲に身に付けている人は、長く安定して続けられます。反対に、技術者の少ない特殊な技術を持っている人も特徴的であるため、長く安定して続けられる可能性は高いです。
通常は会社が請け負ってくれるような事務作業や契約に携わる作業も、全て自分自身で処理しなければならないというデメリットもあります。そういった作業をしっかり処理できなければ、後々になって困ることになるでしょう。また、時として仕事に見合った給与を貰えるように交渉したり、不当な業務をさせられるようなことがあった場合に対処するため、法的な知識などもあった方が有利です。