フリーランスエンジニアは、数多くのメリットを持っている職業の一つといえます。時間的に余裕ができやすく、また自分に合わせた仕事を選びやすい傾向にあるため、その現場において最も必要とされる人間になれるのです。周囲から頼られる機会が非常に多く、取引先に気に入られれば継続した仕事もできるでしょう。しかし、フリーランスエンジニアにはデメリットもあります。
IT関連の技術は常に進歩しているので、それらに敏感に対応していかなければなりません。そして、高い技術で活躍する仕事であるために、これを軽視することはできないのです。フリーランスエンジニアは個人で働く都合上、自身の技術だけで食べていく必要のある仕事となります。常に勉強を続けて幅広いスキルを持つことにより、関わった案件で発生する問題の解決を期待されるようです。特にコミュニケーション能力が高い場合、クライアントとの交渉役として活躍できます。また、他の人に自分の技術や知識を教えることが多いため、教育的な役割を与えられるケースも少なくありません。他の人の成長を見る楽しさがあるのも、勉強を続ける理由となり得るでしょう。
しかし、フリーで働く人は確定申告をしなければならないので、注意が必要です。忙しい現場を選んでしまった場合、確定申告をしている時間がなかなか取れないということも出てきます。それらを避けるためにも、常に先を予測するように心がけておきましょう。